勝ち組になりたければやる!!やるしかない!!諦めたらアカン!!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おはようございま~~す^^


昨日は月曜なのに結構いい動きをしてくれました
ただ・・・流れが続きましぇ~ん(-_-;)


夕方に欲張って3通貨もトレードしてしまいました(-_-;)
エントリー画像だけ載せます
お暇な方は環境、背景、波の意識、確認してみて下さい^^


まずはオージー円
オージー円

ほんでもって、ドル円
ドル円

欲張ってユーロドル
ユーロ$



どいつも、こいつも、その後の動きが始末が悪い!!
今日も短期決済で刻む方がいいかもねっ。。。


これで終わろうと思ったけど、何か味気ないので書き足しましょう^^
「長期押し目、戻りの転換エントリーの注意点」


要点から書きます・・・
「4時間、日足レベルでの押し目、戻りは転換と判断できるまでに時間を要する!!」


大きな流れに逆らって100pipも200pipも逆行して来てるものが
そう簡単に転換するでしょうか?


たとえ長期の転換候補に来たと言えども・・・です


そこまでの勢いを元に戻す為には
1つ1つ構築し1つ1つ打破して行かなければ本当の転換は訪れない
途中でへたってしまう事だってたくさんあります


なので「転換する!!」の思い込みは危険!!です
段階、段階を見てあげるようにしましょう^^


長期転換ポイントの場合、僕は2つの考え方で挑みます


1つは転換ポイントからの短期反発を獲りに行くエントリー
そのポイントが意識されるなら完全な転換はなくても反発はあります
しかも長期なので反発だけでも結構な値幅があるのでその間をいただく感じです


ただし、これは反発で終わってしまう場合に備えて短期の初期段階で入らなくてはダメ
あれも、これもと気にしてたら反発は終わってしまうので強弱の判断も必要です


いつも、「転換できるかなぁ~」と期待しながら見てますが
結果、どこかの過程でへたれたとしても反発の利益は残せた・・・そんな戦略です^^


もう1つは当然「転換の判断で行ける!!」と思った後のエントリー
これも自分の判断ですが短期転換からの流れの過程を確認しながら決めていきます


こうなれば狙うは長期の波の継続
だからと言って何日もポジ保有なんて技は使いません、いや、使えません(-_-;)
あくまでも節目を意識しながらエントリーと決済を繰り返します


長期レベルの転換ポイントから本当に転換できるのか?それとも反発で終わるのか?
そんなところも意識しながらチャートを見ると取り逃がしや無駄負けも減るかもねっ^^


じゃあ、今日もがんばって行きましょう・・・(^O^)


スポンサーサイト

【2014/04/29 08:08】 | 未分類
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。